• 魚のアラは値段は安くても美味しさは抜群の食材

    魚のアラは、調理の過程で出る副産物ではありますが、主役の部位を上回るほどに美味しくなる可能性を秘めています。

    使い方が分からずに捨ててしまうことも少なくないため、様々な工夫をして料理法を考えることが大切です。

    鮮度と手入れが良ければ生臭みがなく、スープのダシとして使えるほどに濃厚な旨味も持っています。

    このようなことから、調理場で残った場合には味噌汁などのダシとして使用することで、まかない料理の素材で活用する場合もあるのです。

    アラのことならこちらのサイトをご覧ください。

    ふぐ料理の場合には、アラであっても希少で高価な部位になります。



    唐揚げにして調理したものについては、ふぐの本来の美味しさが十分に活かされているもので、副産物や余り物とは思えないほどに美味しいものです。


    少し大きめのマグロやカツオについては、豪快な形で炭火焼きや直火焼きにすると、軟骨や皮の付近に残っている美味しい身を食べることもできます。

    魚のアラは美味しいにもかかわらず、一部の高級魚を除けば安価な価格で入手できるため、家計を預かる主婦にとっても魅力的な食材です。

    スーパーの魚売り場では、大盛りの状態でパック詰めにされたアラが販売されていることも珍しくありません。

    見つけた場合には購入して、家庭料理の材料で活用すると、魚の美味しさを全て堪能できます。



    鶏ガラと同じようにダシ用として使うだけでなく、丹念に細かくして調理して、旨味が凝縮している魚肉ハンバーグを作ることもおすすめできます。


  • アラ関係の情報

    • メインの食材に該当していくことが限られた魚のアラは、調理を一工夫していくことにより、おいしさを倍増させる要素が出ます。魚のダシはじっくり煮ることでおいしさを引き出せる要素がはっきりし、冬場の寒い時期にピッタリな鍋を彩る方向が生まれます。...

  • アラの知っておきたい常識

    • アラとはアミノレブリン酸の略語です。この物質は人間の体に驚くほどたくさんの効果があることが知られています。...

  • ALAの常識

    • 人や動物、植物が生きていくにはエネルギーが必要です。そのために人や動物は食物から糖や脂肪を摂取します。...

  • ALAのみんなの常識

    • 人間の体は年齢とともに疲れやすくなっていきますが、ALAが不足したことが原因の可能性があるので、食品などで摂取する必要があります。ALAは体内のミトコンドリアの中で生成されるもので、17歳をピークにあとは減少するといわれています。...