• 疲れやすさを感じたらALAを摂取する

    人間の体は年齢とともに疲れやすくなっていきますが、ALAが不足したことが原因の可能性があるので、食品などで摂取する必要があります。

    ALAは体内のミトコンドリアの中で生成されるもので、17歳をピークにあとは減少するといわれています。

    人気なALA情報に精通したサイトです。

    エネルギー生産力が衰えると細胞の老化が進み、代謝が低下したり、低体温となるので、元気がなくなり、疲れが取れなくなるのです。



    ALAは加齢以外にも、日頃の生活習慣に問題があるとさらに減少するので、気を付けなければなりません。寝不足やストレス、喫煙、飲酒、過労、運動不足などにより、体内にはどんどん悪玉活性酸素がたまりますが、それの除去のため、ALAから作られるヘムが使用されるので、ますます量が少なくなってしまいます。

    代謝の低下を招きたくないなら、普段から規則正しい生活習慣を送るようにしましょう。体内にどれだけ栄養分を摂り込んでも、最終的にエネルギーに変換されないと意味がないので、それを行えるミトコンドリアの機能が活発でないと、体にあらゆる不調が出てしまいます。ミトコンドリアの機能が低下すると、代謝が衰え、体温が下がるので、疲労回復が遅れますし、糖や脂肪の代謝もスムーズにいかなくなるので、体内に蓄積して肥満の原因となります。
    肥満になると、糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかりやすくなるので、良いことは一つもありません。



    ALAは黒酢、日本酒、ワイン、イカ、タコなどの食品に多く含まれているので、疲れにくい体になりたい人は摂取するようにしましょう。